Eclipse Corporation


 教室で使用しているテキストをご紹介します。これで自宅で学習し、 分からないことをお聞きにおいでになる方もいらっしゃいます。効率的な勉強法ですね。
 基本ソフトとオフィス(ワードやエクセル)の対応は原則として下の表のとおりです。 ご自分のパソコンに合ったものを選んでください。




ウィンドウズ XP ワード・エクセル2002または2003
ウィンドウズ ヴィスタ ワード・エクセル2007
ウィンドウズ7 ワード・エクセル2010
ウィンドウズ8 ワード・エクセル2013
ウィンドウズ10 ワード・エクセル2016
【初心者向け】
パソコン検定ではワードやエクセルの基礎を学べるとともに、基本ソフト(Windows)の操作方法、コンピュータの仕組みなども記載されています。タイピングを含めた模擬テストもあります。入門書としては最適。
【中級者向け】
4級と同じ構成です。3級レベルの実力があれば、就活で「パソコンできます」と言っていいでしょう。
【中級者向け】
もっとワードを極めたいという方にはマイクロソフト社が実施するMCAS(以前はMOSと呼ばれていました)が最適です。この資格を持っていれば「なかなかできる」と思われるでしょう。
【中級者向け】マクロこそ含まれていませんが、エクセルの全体像が分かります。SUMIF関数やVLOOKUP関数など、うまく使えばお仕事が効率化できます。
inserted by FC2 system